豊富な知識で乗客を盛り上げるバスガイド

豊富な知識で乗客を盛り上げるバスガイドここでは制服を着ながら働く仕事として、バスガイドの仕事内容を詳しく紹介していきます。バスガイドのイメージと言えば、手にマイクを持ちながら車窓に映る景色を紹介している姿が思い浮かびます。もちろんそれも重要な仕事の1つですが、バスガイドの仕事はそれだけに限りません。

満足してもらうために

まず、上述にもあるように観光地の景色を紹介しながら乗客の皆様に楽しんでもらう事が仕事の1つです。このガイドの質が高ければバスツアーに参加した乗客の満足度も上がり、また次回も利用してくれる事に繋がります。
では、それ以外の業務にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、乗客の皆様に快適にツアーを楽しんでもらうために、車内サービスの案内や乗車・下車の誘導、乗客の体調管理、タイムスケジュールの管理・調整を行います。また、運転手のサポートも行います。バスの車内点検や、駐車の際のバック誘導、狭い道で車両がすれ違う際の誘導等、快適かつ安全にツアーが進行するようにサポート業務を行います。目的地に着いたら、乗客と一緒に降りて観光地の案内を行います。観光地ごとに歴史や名産品等を紹介します。当然これらを乗客に紹介するためには深い知識が必要になりますので、自身で勉強するだけではなく、講習等に参加して知識を蓄える努力も必要になってきます。

バスツアー以外の業務

バスツアーだけではなく、例えば社員旅行や修学旅行、遠足等、貸切でバスを利用する人達への案内もあります。上述で紹介したバスツアーの業務とは大きく異なります。バスツアーで行う業務の場合、その内容はバスツアー会社が用意したプランに沿って行っていきます。しかし集団旅行の場合は乗客側がプランニングした内容に合わせてさまざまな業務を行っていく必要があります。また、旅行だけではなく冠婚葬祭で貸切バスを利用する方々もいます。冠婚葬祭に出席・参列する人達へのアナウンスや、乗車・下車の際のサポートを行います。
以上で紹介したように、バスガイドはさまざまなシーンで活躍している事がわかります。運転手と連携をとりながら、できるだけスムーズに進行するように、かつ乗客に楽しんで頂けるように気を配らなければならない仕事です。

バスガイドになるには

バスガイドになりたい場合は、バスツアー会社に入社する必要があります。会社によっては「国内旅程管理主任者」や「総合旅程管理主任者」の資格取得を義務付けている場合があります。学生のうちに知識を付けておきたいという人は、観光系の専門学校に通うのがおすすめです。

about site
-お仕事制服図鑑-
さまざまな仕事の制服について紹介するサイトです。制服のメリットや魅力、職種ごとの制服の特徴や仕事内容について紹介しています。お問い合わせの際はこちらまでお願いいたします。